人気ブログランキング |

<   2017年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

GWの診療 お知らせ

4月29日〜5月5日まで休診
5月6日より通常診療となります。
ご迷惑おかけいたしますがよろしくお願いいたします。
原整形外科

by haraseikei | 2017-04-30 06:53 | お知らせ
ストレッチングは、筋肉や腱をゆっくり引き伸ばすことによって、関節の柔軟性を維持・拡大するとともに、筋肉のコリや疲れを和らげる効果があります。
反動をつけず、痛みの出ない範囲でゆっくり引き伸ばしましょう。


ハムストリングス(太ももの裏側)a0296269_09222350.png
伸ばそうとする側の膝を伸ばして座り、背筋を伸ばそうとしながら、からだをゆっくり倒し、10秒間程度静止します。
※足首を無理に触る必要はありません。




下腿三頭筋(ふくらはぎとアキレス腱)
a0296269_09222304.png

壁か手すりの前に立って、前後に脚を開き、前側の脚の膝を曲げて腰を前に入れ、ゆっくり前側の脚に体重をかけながら後側の脚のふくらはぎの筋肉を伸ばします。

次回は、「変形性膝関節症の運動療法 その1 ストレッチング2」のお話になります。
by haraseikei | 2017-04-28 12:45 | 変形性膝関節症
a0296269_09043019.png
良い姿勢は腰から始まります。悪い姿勢では腰のカーブは前方へ突き出て、バランスをとるために頭は前方へ突き出ます。この姿勢は、腰や頭に大きな負担となります。

今回で「腰痛を防ぐために」のお話は終わります。
次回からは、「変形性膝関節症の運動療法」のお話になります。

by haraseikei | 2017-04-21 12:41 | 腰の痛み
a0296269_09115394.jpg
腰への負担の度合いは、背中の筋肉の内圧とほとんど同じです。
腰への負担を少なくするには、筋肉の内圧の低い姿勢をこころがけることが大切です。
また、背中の筋肉の内圧が高くなると、筋肉の中の血のめぐりが悪くなり、腰痛の原因にもなります。

次回は、「腰痛を防ぐために その10 腰痛の予防の第一歩は「良い姿勢」」のお話になります。
by haraseikei | 2017-04-14 12:43 | 腰の痛み
家事
ふだん使う器具は、長い柄が付いているとかがまなくてすみ、腰への負担が少なくてすみます。また、掃除機を使うときには、こまかく前後に動かし、大きな動作はしないようにします。
a0296269_09160339.png
階段の昇降
階段の昇降は腰に大きな負担がかかります。できれば階段の昇降は避けてください。

次回は、「腰痛を防ぐために その9 姿勢のちがいによる腰への負担」のお話になります。
by haraseikei | 2017-04-07 12:41 | 腰の痛み

横浜市南区弘明寺整形外科、リハビリ、スポーツ、小児外傷、リウマチ/ペインを専門としたブログです。


by haraseikei