人気ブログランキング |

ブログトップ

ロコモを予防するには、下半身を鍛えるスクワットが有効です。
ロコモ予防には、膝関節などへ過剰な負担をかけず、下半身の筋力を鍛えると同時に、バランス能力を高める運動(ロコトレ)が有効です。
中でも簡単にできるのが「スクワット」。ロコモ予防だけでなく、体の中で最も大きな筋肉が鍛えられるので、基礎代謝も増えて痩せやすくなるというメリットもあります。大殿筋と大腿四頭筋を意識して行うと効果的です。
これまで何らかの運動を続けている人は、今後も楽しみながら長く続けていくようにしましょう。

膝が痛いからといって動かずにいると、関節周囲の筋肉が衰えて膝がぐらつくようになり、少しの動きでも痛みを感じるようになってしまいます。また膝にはある程度の負荷をかかていないと、関節軟骨の代謝が悪くなり、軟骨に必要な栄養も届かなくなります。そのため、できる範囲でストレッチなどを行いましょう。痛みが続く場合は、無理に運動を続けずに医師に相談してください。

運動継続を助ける「ロコモコール」
ロコトレで一番大切なことは、毎日続けること。しかし、これがなかなか難しいのです。ある自治体では、1人暮らしの高齢者宅に毎日電話をかけ、その場でロコトレをしてもらう取り組みを行い、3ヵ月ほどで成果が現れたといいます。遠方に暮らす両親へ「ロコモコール」をすれば、よいコミュニケーションにもなりそうです。

次回は、「自分でケアするロコモティブシンドローム その6 日頃の生活で気をつけることは? 」のお話になります。
by haraseikei | 2016-10-28 12:44 | ロコモティブシンドローム

運動量が少ない人・女性・肥満の人は要注意
筋肉や骨は、常につくり替えられています。その時に適度な負荷をかけると、「もっと丈夫にならなければ」と骨も筋肉も丈夫になります。そのため、適度な運動を習慣にしている人や日常よく体を動かしている人はロコモになりにくいといえます。
一方で、ロコモになりやすいは次のような人です。
  • 肥満の人・・・腰や膝へ過剰な負担をかけるため、ロコもになりやすい。
  • 女性・・・膝軟骨や靭帯が弱く膝関節を痛めやすい。閉経前後に骨量が急激に低下する。
腰痛が原因で体を動かさないでいると、それが原因でさらに体重が増え、腰や膝の痛みが増す、という悪循環にも陥りやすいといえます。そのため、肥満の予防・改善はロコモの予防・改善には欠かせません。

また女性は、ロコモの主な疾患である骨粗鬆症や変形性膝関節症に、男性の2倍もなりやすいとされています。10年後、20年後の健康のためには、今からのケアが大切です。
a0296269_09311585.png

次回は、「自分でケアするロコモティブシンドローム その5 ロコモを予防する運動は? 」のお話になります。
by haraseikei | 2016-10-21 12:43 | ロコモティブシンドローム

自分の運動器の状態を知るための目安として、「7つのロコチェック」があります。60代以降の方は、まず確認してみましょう。40~50代は、「5つのロコモ予防群チェック」で1つでも当てはまった場合、現在膝や腰の痛みがなくても、このままの生活習慣を続けていると10~20年後にロコモになる可能性が高いといえます。

60代~用 7つのロコモチェック
  • 片脚立ちで靴下が履けない
  • 家の中でつまずいたり、滑ったりする
  • 階段を上がるのに手すりが必要である
  • 横断歩道を青信号で渡りきれない
  • 15分くらい続けて歩けない
  • 2kg程度の買い物(1リットルの牛乳パック2個程度)をして持ち帰るのが困難である
  • 家のやや重い仕事(掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど)が困難である

1つでも当てはまれば、ロコモである可能性があります。
当てはまる数が多いほど、要介護者になる可能性が高まります。また5個以上になると、0~1個の場合の3倍以上にまで、要介護リストが高まることがわかっています。
参考: ロコモパンフレット2010年度版 企画・制作/ 社団法人 日本整形外科学会
※注意
無理に試して、転んだりしないように注意してください。また腰や関節の痛み、筋肉の衰え、ふらつきといった症状が最近悪化してきている場合などは、まず当院にご相談下さい。

40~50代用 5つのロコモ予備軍チェック

  • つまずいて手首。足首を折ったことがある
  • 若い頃からやせていて、今もBMIが19以下である
  • 最近歩幅が狭くなってきた
  • 片脚で1分間立てない
  • 高さ40cmほどのいすから片脚で立ち上がれないa0296269_09401474.png











1つでも当てはまれば、ロコモ予備軍の可能性があります。

まだ若いから心配ない、と安心してはいけません。若いうちから骨や筋肉を鍛える運動を習慣づけて、将来のロコモを予防しましょう。


次回は、「自分でケアするロコモティブシンドローム その4 ロコになりやすい人となりにくい人は? 」のお話になります。


by haraseikei | 2016-10-14 12:43 | ロコモティブシンドローム

10月1日より
インフルエンザワクチン接種開始しました。

  • 料金1人1回 4,000円
  • 横浜市在住の65歳以上の方 1人 2,300円
  • 13歳未満 1人2回 6,000円
  • 東京都総合組合保健施設振興協会(東振協)の方は、3,890円から補助金額を差し引いた金額が自己負担となります。
  • JXグループ保険組合 富士石油保険組合 カルビ保険組合 コスモ石油保険組合 は負担なし。 
お電話での予約も可能です。
原整形外科医院 045(714)0037
京急弘明寺駅より徒歩約1分
弘明寺観音山門前
by haraseikei | 2016-10-01 12:46 | インフルエンザワクチン接種