人気ブログランキング |

<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

医療機器ページ更新しました。
こちらからご覧下さい。

by haraseikei | 2015-09-25 12:49 | お知らせ
「坐骨神経痛」の原因となる病気はたくさんありますが、数が多いのは腰椎の部分で馬尾や神経根が圧迫されたものです。障害される神経の部分で分けて、原因となる病気を挙げておきます。

腰椎の部分
腰椎椎間板ヘルニア
腰椎の骨と骨を結んでいる椎間板-座布団のようなもの-の外側部分がほころびて中の「髄核」と呼ばれる部分が外に出てきて神経根を圧迫して生じます。
腰椎分離すべり症
一般に若年の時に生じた脊椎後方部分の骨の分離の部分で、分離した部分にできた骨や瘢痕組織が神経根を圧迫して生じます。神経根の圧迫はMRIでわかりにくいことの多いです。
腰部脊柱管狭窄症
腰椎の加齢変化によって後方の椎間関節や靭帯が分厚くなるなどの変化が生じて神経根や馬尾を圧迫して生じます。
腰椎すべり症
加齢変化によって中年から生じる腰椎のずれのために神経根や馬尾が圧迫されて生じます。
腰椎腫瘍
他の部分の癌が転移した転移性腫瘍と元々腰椎の原発性腫瘍が神経根や馬尾を圧迫して生じます。

骨盤の部分
稀に骨盤内に大きな腫瘍があって神経を圧迫して生じることがあります
・骨盤内のリンパ節や骨に癌が転移した場合や骨盤内の癌(直腸癌や膀胱癌)などで坐骨神経の方に癌が進んだ場合にも生じることがあります。

坐骨神経の部分
梨状筋症候群
坐骨神経の出口のところで股関節を外へ回す筋肉が坐骨神経を圧迫して生じます。
帯状疱疹(帯状疱疹ウイルスによって坐骨神経が侵されると強い痛みが生じその後に坐骨神経の領域の発疹が出ます)・いろいろな原因の末梢神経炎でも生じます。

神経に障害がない場合
変形性股関節症などで関連痛として坐骨神経痛に似た痛みが出る場合があります。


次回は、坐骨神経痛、診断のお話になります。






..... Ads by Excite .....
by haraseikei | 2015-09-11 12:13 | 腰の痛み
a0296269_10213847.jpg症状
坐骨神経痛は、「腰仙部坐骨神経の支配領域、すなわち殿部、下肢後面あるいは外側面へ放散する疼痛自体、あるいは疼痛を呈する症状郡の総称」と記されています。
(脊椎脊髄病用語辞典より)すなわち「坐骨神経痛」はひとつの病気ではありません。
症状として殿部から大腿部の後面あるいは外側にかけての痛みがある場合(時にはひざから下の部分にまで及んで痛い場合があります)に言います。
骨神経痛は腰椎から分かれて出てきた神経根がいくつか集まってできている神経ですが、膝の上の部分までを指し、それ以下ではいくつかの神経に分かれて足先まで分布します。
従ってこのどこかの部分で神経に障害が生じると「坐骨神経痛」になるわけです。
また、神経に障害が生じていない場合にも、坐骨神経に沿った痛みがあり原因となっている病気が分かっていない場合は「坐骨神経痛」という言葉を使う場合があります。



次回は、坐骨神経痛、原因となる病気のお話になります。





..... Ads by Excite .....



by haraseikei | 2015-09-04 12:42 | 腰の痛み

横浜市南区弘明寺整形外科、リハビリ、スポーツ、小児外傷、リウマチ/ペインを専門としたブログです。


by haraseikei