人気ブログランキング |

<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ジャンプの動作に多い、膝の痛み
バレーボール、サッカー、ランニングなどジャンプやダッシュをすることの多いスポーツ選手によくみられる障害です。膝のお皿のすぐ下に痛みが生じるようになります。痛みの程度で、以下のように分類します。

軽 症 スポーツの後や歩いた後に痛む
中等症 活動開始時期と終わった後に痛む
重 症 活動中や後の痛みで続行困難


a0296269_09283346.jpg

また、活動時に痛む場所を押したり、特定の運動や姿勢でも痛みます。進行すると、日常生活やスポーツにも支障をきたすようになります。軽症や中等症のうちから、活動の制限、ストレッチ、十分なウォーミングアップ、活動後のアイシングなどの治療や予防を続けることが重要です。


次回は、膝蓋腱炎(ジャンパー膝)「原因・病態」のお話になります。




..... Ads by Excite .....
by haraseikei | 2015-06-26 12:36 | 足の痛み
保存的治療
理学療法
  • 足の形に合った靴を履くようにしたり、足裏挿板(靴の中敷き)を装着したりします。
  • アキレス腱のストレッチを行います。
薬物療法
  • 痛みを和らげるために、非ステロイド系消炎鎮痛薬の外用剤や経口剤を用います。
  • 痛みが非常に強い場合には、ステロイド剤の局所注射を行うこともありますが、腱の強度の低下や、アキレス腱断裂をまねく恐れがあり注意が必要です。

手術療法
  • 重症の場合は、腱が変形した部分や、踵骨後上隆起(かかとの骨の出っ張り)一部を取り除く必要があります。最近では、内視鏡による手術が行われます

a0296269_09512762.jpg

次回からは、膝蓋腱炎(ジャンパー膝)のお話になります。




..... Ads by Excite .....
by haraseikei | 2015-06-19 16:46 | 足の痛み
診断
以下の症状が認められた場合、アキレス腱付着部症と診断されます。
  • アキレス腱付着部またはアキレス腱の周囲にある滑液包に、圧痛(押さえたときの痛み)または把持痛(つまんだときの痛み)が認められる。
  • 階段の昇り降り、歩行、走行などで、アキレス腱付着部に痛みが出る。
  • かかとの骨の骨折やアキレス腱断裂とは異なる
X線像で、骨棘やかかとの骨の出っ張りがみられることがあります。また、MRI検査で、かかとの骨の出っ張りと腱の間に滑液包炎がみられることもあります。

a0296269_09051337.jpg
次回は、アキレス腱付着部症 治療のお話になります。






..... Ads by Excite .....
by haraseikei | 2015-06-05 12:50 | 足の痛み

横浜市南区弘明寺整形外科、リハビリ、スポーツ、小児外傷、リウマチ/ペインを専門としたブログです。


by haraseikei