人気ブログランキング |

<   2015年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

症状
長時間の立ち仕事や歩行により、かかとの内側前方に痛みがでます。階段を昇る際や、つま先立ちなどで痛みがさらに増します。
中年女性に多く、朝、起床して最初の1歩目に痛みを感じます。歩くうちに徐々に軽減し、夕方になって歩行量が増えるに従い、再び痛みが強くなってきます。
同様の症状は、スポーツ活動の際にもみられます。ランニングなどの開始時は痛みを強く感じますが、運動を続けるうちに徐々に軽快し、長時間になると再び痛みが強くなってきます。

a0296269_09481566.jpg


次回は、原因・病態のお話になります。





..... Ads by Excite .....
by haraseikei | 2015-04-24 14:10 | 足の痛み
5月2日(土)休診とさせていただきます。
他はカレンダー通りの診療となります。

よろしくお願い申し上げます。




..... Ads by Excite .....
by haraseikei | 2015-04-20 10:51 | お知らせ
保存的治療
●薬物治療
痛みが強い場合は、非ステロイド系消炎鎮痛薬の外用剤や経口剤を用います。a0296269_09295341.jpg

●装具治療

足の形に適した靴や、アーチ構造をサポートする足底挿板(靴の中敷き)を装着した靴を履くようにします。

●運動療法

足の趾の筋肉は、アーチを支えるのに重要です。これらを鍛えることは予防にもなります。ただし、痛みに応じて行いましょう。
a0296269_09295369.jpg

手術療法
●重症の場合は、骨・関節手術や腱移行手術を行うことがあります。


当院でも、型取りした上で足底板を作成できます。ご相談ください。

次回からは、足底腱膜炎のお話になります。





..... Ads by Excite .....
by haraseikei | 2015-04-17 12:41 | 足の痛み
診断
●以下の症状が認められた場合、成人期扁平足と診断されますa0296269_09292871.jpg
  • 後脛骨筋腱に沿って内側のくるぶしの下が腫れ、痛みが生じる。
  • 立位を後ろからみた場合、足が期扁平化しているため、かかとが外を向いて、足の趾が何本か見える。(右図)
  • 片脚でつま先立ちができない。
  • 重症度は、立位で体重をかけたときのX線像で変形の具合をみる。



a0296269_09292809.jpg


  • 腱はX線像には写らないため、腫れの具合や断裂等をみるためには、MRI検査を行う。


次回は、成人期扁平足の治療についてのお話になります。






..... Ads by Excite .....
by haraseikei | 2015-04-10 12:42 | 足の痛み

横浜市南区弘明寺整形外科、リハビリ、スポーツ、小児外傷、リウマチ/ペインを専門としたブログです。


by haraseikei