人気ブログランキング |

ブログトップ

症状
a0296269_09471039.jpg手首の母指側に腫れと痛みが生じます。母指には幾つかの腱がついていますが、そのうち二本が手首の母指側にある腱鞘の部分で炎症を起こして腱の動きがスムーズでなくなります。






a0296269_09471037.jpg1.短母指伸筋腱 主に母指を伸ばす動きをする腱です。

2.長母指外転筋腱
 主に母指を広げる動きをする腱です。

3.腱鞘
 1.と2.の腱があるトンネルです。


原因

a0296269_09471099.jpga0296269_09471063.jpg








妊娠時、産後や更年期の女性に起こることが多く、スポーツマンや指をよく使う仕事の人にも見られます。



病態
母指の使いすぎにより、腱鞘が肥厚したり件の表面が傷んだりして、一層症状が強くなる悪循環が生じます。

a0296269_09471020.jpg

次回は、ドケルバン病の診断と治療についてのお話になります。
by haraseikei | 2014-10-31 15:50 | 手の外科

保存方法
1.局所の安静で刺激を少なくしましょう。装具を当てて固定することがあります。
a0296269_10332584.jpg
2.腱鞘内に局所ステロイド注射をして、症状をおさえます。
a0296269_10332552.jpg


手術療法
保存方法で治らないときや指が曲がったまま伸びないときなどに行います。
a0296269_10332548.jpg
切離するのは腱鞘の一部だけです。
小さな傷で済みます。




by haraseikei | 2014-10-24 12:02 | 手の外科

ばね指の症状と原因
a0296269_10494340.jpg指は腱によって曲げ伸ばしをすることが出来ます。
屈折腱には、腱の浮き上がりを押さえる靭帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)というトンネルがあります。









a0296269_10494308.jpg屈折腱と靭帯性腱鞘の間で炎症が起こると、指の付け根に痛み、腫れ、熱感が生じます。これを腱鞘炎と呼び、進行するとばね現象が生じます。これがばね指です。










a0296269_10494336.jpg更年期の女性に起こることが多く、妊娠時、産後に生じることもあります。糖尿病、透析患者にも発生し、母指、中指、環指に多くみられます。






病態
指の使いすぎにより腱鞘が肥厚したり腱が肥大し、通過障害を起こすため一層症状が強くなります。
a0296269_10573494.jpg

次回は、ばね指の治療についてのお話になります。






by haraseikei | 2014-10-17 13:02 | 手の外科

定期接種とは、「予防接種法」という法律に基づき
自治体(市町村及び特別区)が実施する予防接種です。


定期接種の対象者は以下の二つに該当する方です。
対象となる期間は平成27年3月31日までです。

平成26年度に以下の年齢になる方。
今までにワクチンを接種したことがない方。

65歳 昭和24年4月2日~昭和25年4月1日生まれの方
70歳 昭和19年4月2日~昭和20年4月1日生まれの方
75歳 昭和14年4月2日~昭和15年4月1日生まれの方
80歳 昭和9年4月2日~昭和10年4月1日生まれの方
85歳 昭和4年4月2日~昭和5年4月1日生まれの方
90歳 大正13年4月2日~大正14年4月1日生まれの方
95歳 大正8年4月2日~大正9年4月1日生まれの方
100歳 大正4年4月1日以前にお生まれの方

60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方(インフルエンザの定期接種対象者と同じ)も対象。

この制度では、今までこのワクチンを接種したことがない方を対象に、
平成30年度までの間に1人1回、定期接種の機会を設けています。

対象となる年度においてのみ、定期接種としての公費助成が受けられます。
※助成の有無やその内容は、お住まいの自治体によって異なる場合があります。

接種費用 3,000円
ご希望の方は、お問い合わせください。






by haraseikei | 2014-10-10 10:26 | 各種予防接種(インフルエンザ以外)

平成26101日よりインフルエンザワクチン接種始めました。
ご希望の方は、お問い合わせください。



by haraseikei | 2014-10-06 15:09 | インフルエンザワクチン接種

痛めたら「冷やす」「安静」「固定」が基本

a0296269_09442675.jpga0296269_09432658.jpg







ACL損傷(再建術後)のリハビリテーション
a0296269_09432693.jpg
a0296269_09432533.jpg

反復性肩脱臼(術後)のリハビリテーション
a0296269_09432540.jpg
a0296269_09432547.jpg


ACL損傷はトレーニングにより、発症を軽減することができます。
<ポイント>
  • ハムストリングス(膝屈筋)の筋力強化
  • アライメント(着地等の膝の向き)の正常化
  • バランス能力の向上

わからないことがあれば当院へご相談ください。



by haraseikei | 2014-10-03 12:41 | スポーツで関節を痛めた方へ