人気ブログランキング |

ブログトップ

テニスをやっている方、こんな症状はありませんか?

ひじが痛い
a0296269_09555942.jpg原因
主にバックハンドストロークの際に、前腕の筋肉に連続的に負荷がかかることで、腱と骨が付着している部分(上腕骨外側上顆)に炎症や小さな断裂が生じ、いわゆるテニス肘と呼ばれる肘の外側の痛みを起こします。
フォアハンドストロークの場合でも、ハードヒットやスマッシュの多用などで上腕骨外側上顆に炎症や小さな断裂が生じ、肘の内側が痛むことがあります。








a0296269_09555907.jpgふくらはぎが痛い

原因
サーブ&ボレーや急な方向転換でダッシュをしたときなど、強く地面をける動作の際に、収縮している筋肉が急激に伸ばされ、ふくらはぎ(腓腹筋)の内側で肉離れを起こすことがあり、テニス脚と呼ばれます。肉離れを起こした瞬間はたたかれたような痛みを感じます。









ひじ・ふくらはぎの痛み、違和感がある時は、早めに当院へお越しください。

次回は、処置や、トレーニング方法についてのお話になります。




by haraseikei | 2014-08-29 12:45 | スポーツで関節を痛めた方へ

内科診療のお知らせ

毎週木曜日午後
内科・呼吸器科の診療を致します。
慈恵医大 呼吸器内科 講師 原弘道

受診ご希望の方は受付にお申し出下さい。

原整形外科医院
0457140037
京急弘明寺駅より徒歩約1分
弘明寺観音山門前

by haraseikei | 2014-08-22 14:46 | お知らせ

休診日のお知らせ

8月11日(月)~8月16日(土)の期間、休診とさせていただきます。
8月18日(月)より平常通り診療致します。

休診期間中は何かとご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い申し上げます。




by haraseikei | 2014-08-11 13:26 | お知らせ

痛めたすぐは「冷やす」と「安静」が基本

冷やす
症状が起こったばかりのときは、炎症を鎮めるために痛みのある患部を冷やしましょう。
消炎・鎮痛剤を服用したり、この成分が入った湿布を用いる場合もあります。

安静
痛みが消失するまでは、ジョギング・ウォーキングを休むことが大切です。足に衝撃が加わる動作は避け、歩幅を小刻みにし、軟らかい地面を選んで歩くとよいでしょう。

ストレッチ、筋肉トレーニングは有用です。
適切なストレッチ、筋力トレーニングは回復を早め、けがの予防にもつながります。
a0296269_13583051.jpg
a0296269_13583095.jpg
a0296269_13583053.jpg
a0296269_13583087.jpg
a0296269_13583021.jpg
a0296269_13583078.jpg



けがをしないために
靴底が厚く、前足部の柔軟性がよいかなどをチェックし、自分に合った靴を選びましょう。
ウォームアップ・クールダウンのストレッチを欠かさず行いましょう。



by haraseikei | 2014-08-08 14:16 | スポーツで関節を痛めた方へ

ジョギング・ウォーキングをやっている方、こんな症状、ありませんか?

a0296269_10035495.jpgひざが痛い
原因
ランニング中の膝の痛みは市民ランナーの故障として最も多く、中高年では軟骨のすり減り(変形性膝関節症)による関節炎(関節に水がたまり腫れる)や体重を支え地面をける際に働く筋・腱(膝の前方、外側、内側)に痛みが原因になります。
体重が重い、筋力が弱い、O脚・X脚など身体の特徴により故障の生じる場所が異なります。
体重が重いと膝蓋腱の負担が大きく、関節炎も起こしやすく、O脚では腸脛靭帯炎、X脚では鵞足炎が多い傾向があります。




a0296269_10035489.jpg足の裏が痛い

原因
土踏まずのアーチの高い/低い人や足全体の構造が硬い人、肥満の方などにおいて、足底が地面に設置したときにたわんだりする余裕がなく、足底筋膜に過度の負荷がかかります。それを繰り返すことで、小さな断裂や剥離が生じ、炎症を起こします。

かかとの骨と足底筋膜がつながっている部分に最も痛みが生じます。





膝・足の裏に痛み、違和感がある時は、早めに当院へお越しください。

次回は、処置や、トレーニング方法についてのお話になります。






by haraseikei | 2014-08-01 12:35 | スポーツで関節を痛めた方へ