人気ブログランキング |

<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

病気の診断や進行程度(グレード)は、レントゲン検査(X線検査)などによって判断されます。

a0296269_13524169.jpg


今回で、変形性膝関節症のお話は終了となります。

膝に痛みや違和感がある場合は、医師に相談し、症状に合った適切な治療を受けて下さい。

次回からは、肩のお話になります。

by haraseikei | 2014-02-21 13:15 | 変形性膝関節症
変形性膝関節症になると、以下のような症状が見られます。

膝を動かしたときに痛みが起こる
動作時痛

膝の曲げ伸ばしつらくなる
可動域制限
膝をまっすぐに伸ばして立ったり、しゃがみ込んだり、正座したりといった行動がつらい。
立ち上がり、階段の昇り降り、歩行などで膝を動かすと、痛みが起こる。

膝が腫れる
炎症によって過剰に作られた関節液が、膝関節の中にたまる(いわゆる「水がたまった」状態)。


注意!!
膝を動かさないのに強く痛んだり、関節の不安定感などがある場合は、関節リウマチや外傷など、ほかの病気の可能性も考える必要があります。


次回は、変形性膝関節症~変形性膝関節症はこうして進行します。
になります。




by haraseikei | 2014-02-07 12:40 | 変形性膝関節症

横浜市南区弘明寺整形外科、リハビリ、スポーツ、小児外傷、リウマチ/ペインを専門としたブログです。


by haraseikei