人気ブログランキング |

ブログトップ

整形外科の対象疾患

整形外科は、「運動器」の疾患を扱う診療科です。

運動器」とは骨・関節・筋肉・神経などの身体を支えたり動かしたりする組織・器官の総称です。 

対象疾患としては、骨折、変形性関節症、腰痛や頚部痛、肩痛、スポーツ障害などがあります。

 運動器」の疾患は仕事や日常生活の動作、スポーツ動作を困難にし、私たちの生活の質(QOL)を低下させる大きな一因となります。

専門領域は多岐にわたり以下のように分類できます。


「脊椎外科」

a0296269_05523264.jpeg

頚椎、腰椎疾患を対象とします。肩こり、ぎっくり腰、腰痛はもちろんのこと椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などに対し、内服、注射、ブロック、生活指導、リハビリなど行います。手術が必要な場合は希望される医療機関もしくは提携医療機関を紹介させていただきます。


「手の外科」

a0296269_06141990.jpeg

肘、手首、指など上肢のケガや疾患が対象となります。バネ指、腱鞘炎、へバーデン結節、手根管症候群、肘部管症候群、ガングリオンなど様々な疾患があり、治療に当たっては専門的知識、経験が必要とされます。

代表的な手外科疾患

http://www.jssh.or.jp/ippan/sikkan/index.html

「肩関節外科」

a0296269_05561976.jpeg

肩関節周囲炎、腱板損傷、石灰沈着性腱板炎など

レントゲン、超音波検査を行い、適切な治療を提供致します。

石灰沈着性腱板炎には、体外衝撃波が有効とされ当院では今後導入予定です。

「股関節外科」

a0296269_06145448.jpeg

臼蓋形成不全、変形性股関節症などに対し、リハビリ、必要であれば、最小侵襲手術が可能な病院と連携し治療に当たります。

「膝関節外科」

a0296269_16165949.jpeg

変形性膝関節症や半月板、靭帯損傷などに対し、内服、外用、ヒアルロン酸注射、装具サポーター、リハビリを行います。必要であれば、最小侵襲手術が可能な病院と連携し治療に当たります。

「足の外科」

a0296269_07284317.jpeg

外反母趾、扁平足に対し装具、インソール作成、リハビリ指導など行います。

「スポーツ医学」

a0296269_08533655.jpeg

小中高生から大学生、スポーツ愛好家、プロの方々のスポーツによるケガ、障害に対し超音波検査、必要であれば提携医療機関にてMRICTなど行い、早期診断、治療、早期回復を目指します。

「リウマチ外科」 

a0296269_18200769.jpeg

リウマチの診断、治療、ステロイド注射など行っております。生物学的製剤が必要な方やより専門的治療を要する方には、提携医療機関を紹介させていただきます。

「骨・軟部腫瘍外科」

a0296269_06194722.jpeg

いわゆるできもの、腫瘍の診断、治療を行います。レントゲン、超音波検査、MRIやCT検査が必要なことが多いため、MRICTは、提携医療機関にて行い、手術が必要な場合は、腫瘍専門医へ紹介致します。

「骨代謝外来」

a0296269_10120644.jpg

骨粗鬆症が代表的疾患です。骨粗鬆症とは、骨の量が減ることで骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。骨粗鬆症は痛みを生じないケースもよくあり、症状がなくてもレントゲンと骨密度、採血などの検査を行い診断されます。

骨の強度は、骨量と骨質で決まります。骨量は、レントゲンや骨密度をみて判断し、骨質は、合併症や既往疾患、生活習慣、採血などが参考になります。

高尿酸血症、痛風の治療も行っております。食事療法と薬物治療、生活の見直しが重要です。

a0296269_18371484.jpeg


スポーツ傷害や交通外傷、労働災害などに代表される打撲、捻挫、骨折などの外傷学は勿論のこと、変形性変化を伴う加齢疾患、骨粗鬆症、関節リウマチ、痛風、運動器の腫瘍、運動器の先天異常など先天性疾患など、新生児時から老年まで幅広い患者層を扱います。

a0296269_06130426.jpeg

a0296269_06073638.jpeg


by haraseikei | 2019-07-12 08:00 | 整形外科専門医

当院医師は、整形外科専門医です。


整形外科専門医とは、大学医学部で6年間教育を受け卒業後、医師国家試験に合格し、さらに医師として6年間、主に整形外科を中心に研修を納め、専門医試験を受験し合格した医師です。


整形外科専門医試験を受ける資格は、日本整形外科学会の作成した研修ガイドラインに沿った研修、学会発表、論文発表などをクリアーして初めて得られます。


試験では整形外科全般の高度な知識が要求され、合格後は5年ごとの資格更新があります。資格を継続するための要件も厳しく、学会や研修会に一定時間以上の出席が義務付けられています。


患者様に安心して受診していただけるような内容の資格設定になっています。


さらにsubspecialtyとして、


日整会認定スポーツ医、日整会認定運動器リハビリテーション医の資格を取得しております。




a0296269_20560880.jpeg



by haraseikei | 2019-06-04 07:54 | 整形外科専門医