人気ブログランキング |

ブログトップ

痛み☆最終章☆

薬物療法では、慢性疼痛患者には、従来の痛み止めの効果があまり期待できなかったり、有効とされている薬でもなかなか効果がでないことがあります。2019年に出版された腰痛ガイドラインにも示されています。数年前、抗うつ薬として保険適応となっていたクスリが慢性疼痛に痛み止めとして使えるようになり、保険適応となりました。ノルアドレナリンやセロトニンを増加させることで「下行性疼痛制御系」を賦活させ、鎮痛作用を発揮させる効果が期待されています。

a0296269_20344908.jpeg


# by haraseikei | 2019-07-15 20:33 | 痛み

痛み⑩

通常、脳は「下行性疼痛制御系」として、疼痛情報の中枢神経系への入り口(脊椎後角)で「痛み」の伝達を制御して、感度を調整し、多数の感覚情報を排除します。


慢性疼痛では、痛覚過敏になっており「下行性疼痛制御系」が機能しなくなっているとも言えます。


また脳の変化に伴い、「痛み」が意識や情動に割り込むため、意識の優先順位が変わると、日常生活に支障をきたす程の苦痛を生じる可能性があります。

慢性疼痛の患者さんが「毎日痛みのことを考えてしまう」のは割り込みの強さが増加しているためのようです。


慢性疼痛の本態が脳の可塑性変化である以上、「治療のゴール」は痛みを消失させることではなく、気にならないようにすることで、日常生活の意識の最上位に割り込んでいる「痛み」の優先度を下げることにあります。

a0296269_08133942.jpeg


# by haraseikei | 2019-07-15 18:40 | 痛み

痛み⑨

個体にとって最優先されるのは「生存危機の回避」です。「痛み」は脳内の様々な領域に作用し各機能に優先して、危機を回避しようとします。

これを支える神経系の特性が「可塑性」で、シナプスや神経結合が巧みに変化することで、神経系に「痛みの記憶」が記録されます。

慢性疼痛は単に「長く続く急性疼痛」ではなく、可塑的性変化を伴う独自の病態なのです。


「痛い経験」を繰り返すと、身の危険を避けるように脳の神経回路が可塑的に変化するため、「痛み」は「脳」を変え「脳」は「痛み」を変えるとも言えます。


例えば、「痛み」に対して過敏になることや、偽薬による「プラセボ効果」もこの脳の働きを利用しています。

a0296269_08133942.jpeg


# by haraseikei | 2019-07-15 18:37 | 痛み

当院では、お子さんのケガや痛みのし、ワクチン接種など行っております。ケガについては、予約なしでいらしてください。余裕ありましたら、ネット予約もしくはお電話を頂けたらと存じます。
ワクチン接種は、在庫などの兼ね合いがあり、お手数ですが、前もってネット予約もしくは、お電話を下さい。
a0296269_15363505.jpeg

# by haraseikei | 2019-07-15 15:33 | 小児の骨折、外傷

整形外科は、ケガ、痛みの専門家です。幅広い年代、疾患が対象となります。ケガ、痛みでお困りの方は、整形外科を受診してください。


♯弘明寺


♯整形外科


♯リハビリテーション


♯ペインクリニック


♯ケガ、痛み


原整形外科医院


弘明寺観音山門前


弘明寺商店街提携駐車場あり

a0296269_08003520.jpeg


# by haraseikei | 2019-07-14 07:59 | 整形外科

痛み⑧

「痛み」は自分が不利な状況にあることの信号ですから、社会に対する不満など自身の立場を不利に思う程、痛みを強く感じ残りやすい傾向にあり、虐待や心的外傷後ストレス障害(PTSD)の経験者や自動車事故での外傷では加害者より被害者の方が慢性疼痛は多い傾向になるようです。

a0296269_08133942.jpeg


# by haraseikei | 2019-07-13 21:09 | 痛み

痛み⑦

「情動」の形成に重要な「偏桃体」は侵害受容によって誘発される「条件恐怖反応」を獲得する中核部位です。


特定の有害性を持たない聴覚や視覚などの感覚刺激(条件刺激)と侵害受容(無条件刺激)を同時に与えると、条件刺激だけで「すくみ行動」や「情動性発声」などの回避行動、心拍出量増大、頻脈や発汗などの自律神経応答、内分泌応答からなる「条件恐怖反応」が獲得され、「脅威の記憶」が形成されたということになります。

a0296269_08133942.jpeg


# by haraseikei | 2019-07-13 11:25 | 痛み

痛み⑥

「痛み」で活性化した領域は「意識」「情動」「報酬」などの機能に関与する領域が含まれているようです。脳の中で「痛み」と「情動」の関連性についてですが、原始的な「嗅覚」や「味覚」「内臓覚」などは、天敵の認知、毒物の検出などに関与しており「痛覚」と類似した情動回路を活性化します。

a0296269_08133942.jpeg


# by haraseikei | 2019-07-13 07:45 | 痛み

立ったときにかかとが外を向いているかどうか、足のアーチが低下するかどうかを検査します。幼児期の子どもでは足の裏の脂肪が厚く、扁平足でなくても土踏まずが分かりにくいことがあるので、注意が必要です。
重症度は体重をかけたときの足部X線(レントゲン)像で診断します。
a0296269_09084650.jpg
※日本整形外科学会「整形外科シリーズ 22」から引用しております。

次回は、幼児期扁平足 その4 予防と治療になります。
# by haraseikei | 2019-07-12 12:46 | 幼児期扁平足

骨折について:


超音波骨折治療器は骨折の治癒期間を短縮します。




整形外科に受診の多い外傷は、キズ、ヤケド、骨折や脱臼、捻挫です。骨折は、なかでも最も重症なケガとなります。


骨折するとその部位に痛みと腫脹が出現します。骨折がひどい場合は、動かせなくなったり、変形したりします。しかし、単なる打撲や関節脱臼でも似た症状が出るので、診断をはっきりさせるにはX線(レントゲン)写真を撮ります。レントゲンでわからない骨折もあり、超音波、MRIやCTでわかる場合もあります。当院では、超音波検査までは行えます。MRIやCTが必要な場合は、可能な限り迅速に提携医療機関で行えます。


健康な骨では、かなり大きな力がかからないと骨折しません。しかし、骨粗鬆症など骨全体が弱っていたり、骨の一部が溶けていたりすると、弱い力でも骨折します(病的骨折)。また、健康な骨に弱い力がかかる場合でも、同じ場所に繰り返し長期間かかり続けると骨折することがあります(疲労骨折)


骨折のズレは、整復します。そして、骨折部がグラグラしないようにギブスなどを利用します。手術する必要があるか、患者さんの生活、背景、仕事、ご本人な意向を伺いながら検討します。


骨粗鬆症がベースにある場合は、その治療も並行して行います。


※骨折の治癒期間を短縮するために、


当院では、超音波骨折治療器を2台利用しております。ご希望の方はご相談ください。


a0296269_06335675.jpeg

a0296269_06341003.jpeg
a0296269_06342315.jpeg



# by haraseikei | 2019-07-12 08:00 | 超音波骨折治療器

7月からの診療体制

7月からの診療体制は、

以下のようになります。

よろしくお願いします。


月曜日AM院長/副院長PM副院長

火曜日AM院長/副院長PM副院長

水曜日AM院長/副院長PM副院長

木曜日AM/副院長PM内科予約制

金曜日AM副院長        PM副院長

土曜日AM副院長


尚、担当医が変わる場合もありますが、休診とならない場合はお知らせしませんのでご了承の程よろしくお願いいたします。

a0296269_21123691.jpeg


# by haraseikei | 2019-07-12 08:00 | お知らせ

整形外科の対象疾患

整形外科は、「運動器」の疾患を扱う診療科です。

運動器」とは骨・関節・筋肉・神経などの身体を支えたり動かしたりする組織・器官の総称です。 

対象疾患としては、骨折、変形性関節症、腰痛や頚部痛、肩痛、スポーツ障害などがあります。

 運動器」の疾患は仕事や日常生活の動作、スポーツ動作を困難にし、私たちの生活の質(QOL)を低下させる大きな一因となります。

専門領域は多岐にわたり以下のように分類できます。


「脊椎外科」

a0296269_05523264.jpeg

頚椎、腰椎疾患を対象とします。肩こり、ぎっくり腰、腰痛はもちろんのこと椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などに対し、内服、注射、ブロック、生活指導、リハビリなど行います。手術が必要な場合は希望される医療機関もしくは提携医療機関を紹介させていただきます。


「手の外科」

a0296269_06141990.jpeg

肘、手首、指など上肢のケガや疾患が対象となります。バネ指、腱鞘炎、へバーデン結節、手根管症候群、肘部管症候群、ガングリオンなど様々な疾患があり、治療に当たっては専門的知識、経験が必要とされます。

代表的な手外科疾患

http://www.jssh.or.jp/ippan/sikkan/index.html

「肩関節外科」

a0296269_05561976.jpeg

肩関節周囲炎、腱板損傷、石灰沈着性腱板炎など

レントゲン、超音波検査を行い、適切な治療を提供致します。

石灰沈着性腱板炎には、体外衝撃波が有効とされ当院では今後導入予定です。

「股関節外科」

a0296269_06145448.jpeg

臼蓋形成不全、変形性股関節症などに対し、リハビリ、必要であれば、最小侵襲手術が可能な病院と連携し治療に当たります。

「膝関節外科」

a0296269_16165949.jpeg

変形性膝関節症や半月板、靭帯損傷などに対し、内服、外用、ヒアルロン酸注射、装具サポーター、リハビリを行います。必要であれば、最小侵襲手術が可能な病院と連携し治療に当たります。

「足の外科」

a0296269_07284317.jpeg

外反母趾、扁平足に対し装具、インソール作成、リハビリ指導など行います。

「スポーツ医学」

a0296269_08533655.jpeg

小中高生から大学生、スポーツ愛好家、プロの方々のスポーツによるケガ、障害に対し超音波検査、必要であれば提携医療機関にてMRICTなど行い、早期診断、治療、早期回復を目指します。

「リウマチ外科」 

a0296269_18200769.jpeg

リウマチの診断、治療、ステロイド注射など行っております。生物学的製剤が必要な方やより専門的治療を要する方には、提携医療機関を紹介させていただきます。

「骨・軟部腫瘍外科」

a0296269_06194722.jpeg

いわゆるできもの、腫瘍の診断、治療を行います。レントゲン、超音波検査、MRIやCT検査が必要なことが多いため、MRICTは、提携医療機関にて行い、手術が必要な場合は、腫瘍専門医へ紹介致します。

「骨代謝外来」

a0296269_10120644.jpg

骨粗鬆症が代表的疾患です。骨粗鬆症とは、骨の量が減ることで骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。骨粗鬆症は痛みを生じないケースもよくあり、症状がなくてもレントゲンと骨密度、採血などの検査を行い診断されます。

骨の強度は、骨量と骨質で決まります。骨量は、レントゲンや骨密度をみて判断し、骨質は、合併症や既往疾患、生活習慣、採血などが参考になります。

高尿酸血症、痛風の治療も行っております。食事療法と薬物治療、生活の見直しが重要です。

a0296269_18371484.jpeg


スポーツ傷害や交通外傷、労働災害などに代表される打撲、捻挫、骨折などの外傷学は勿論のこと、変形性変化を伴う加齢疾患、骨粗鬆症、関節リウマチ、痛風、運動器の腫瘍、運動器の先天異常など先天性疾患など、新生児時から老年まで幅広い患者層を扱います。

a0296269_06130426.jpeg

a0296269_06073638.jpeg


# by haraseikei | 2019-07-12 08:00 | 整形外科専門医

当院は運動器リハビリテーションⅡ施設です。
理学療法士・セラピストによるマンツーマンのリハビリとなります。
手術前後・手術をしない保存療法の場合・肩/腰/膝など様々な傷み・スポーツ外傷など幅広く対応いたします。
なお、リハビリは予約制となります。

京急弘明寺駅より約2分・地下鉄弘明寺駅より約4分
弘明寺観音山門前
弘明寺商店街提携駐車場1時間利用可能
原整形外科医院
a0296269_20133722.jpeg
a0296269_20134878.jpeg
a0296269_20140974.jpeg


# by haraseikei | 2019-07-12 08:00 | リハビリテーション

関節リウマチ

関節リウマチとは、関節に炎症が続いて徐々に破壊されていき、やがては変形したり固まったりしてうまく動かなくなってしまう病気のことを指します。

関節リウマチは、決して珍しい病気ではありません。また、女性に多く、発症の多くは3040歳代で、幅広い年齢層の患者さんがいます。


原因

関節リウマチは、免疫の異常が関係する病気で、あちこちの関節に炎症が起こり、腫れや痛みが生じます。

関節で炎症が続くと、関節の中の「滑膜(かつまく)」に血管や細胞が増え、腫れます。腫れた滑膜はやがて軟骨や靱帯を破壊し、進行していきます。

症状

関節リウマチの主な症状は、関節の腫れや痛みで、左右対称に出ることが多いとされています。また、朝起きたときの手足のこわばり・動かしづらさは関節リウマチに特徴的な症状です。だるくなったり疲れやすくなったり、関節以外に症状が出ることもあります。

最近、関節リウマチは発症から2年以内に急速に症状が進むことがわかってきました。早期発見、早期治療が、重要です。

関節リウマチになると、日常生活では、重いものを運ぶ、長時間歩く、階段の上り下りなどの動作がつらくなったりします。

発症早期には、朝のこわばり、手に力が入りにくく、ふきんや雑巾を絞りにくい、歩くときに足裏が痛い

などの症状で、つらく感じられることもあります。

また、冷房など冷えたりすると調子が悪くなることもあります。


治療

昔は、「関節リウマチにかかると寝たきりになる」と思われていました。しかし、今では医学が発達して、発症早期から適切な治療を行えば、病気の進行を抑えて関節の機能を保ち、今までどおりの生活を続けられる可能性があります。

まず、診察、検査を受けましょう。

採血でリウマチ因子、CCP抗体、CRPなどをチェックします。

関節リウマチは早期に治療を開始することが大変重要です。関節リウマチと診断された後、できるだけ速やかに適切な治療を行うことで、関節破壊の進行を防ぎ、状態のよさを保つことができると考えられています。


薬物療法

関節の炎症を抑えるためには、主に下記のようなお薬で治療を行います。

疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD

生物学的製剤

JAK阻害剤

当院では、生物学的製剤、JAK阻害剤は扱っておりません。


また、下記のような痛みや腫れを抑えるお薬を一緒に使用する場合もあります。

非ステロイド性消炎鎮痛薬

副腎皮質ホルモン薬(ステロイド)

ステロイドは少量で強力に炎症や痛みを抑えることができるお薬です。強い炎症が起こったときに用います。内服と注射があります。

手術療法

手術療法は、適切な薬物療法などを行っても痛みや腫れが改善しない場合や、関節破壊のために歩行が困難になるなど日常生活に支障が出る場合などに行います。

滑膜切除術

機能再建手術

人工関節置換術

関節形成術

関節固定術


リハビリテーション

理学療法は、関節の運動性を改善させ、社会生活が送れるようにするために行います。

運動療法、温熱療法があります。

関節を動かさないでいると、関節が硬くこわばってしまいます。リハビリは、理学療法士などの専門家が、筋力の向上と、関節の動く範囲を広げたり維持したりする効果があります。毎日繰り返し継続して行えば、関節の機能障害が抑えられ、痛みもやわらいでいきます。

a0296269_18200769.jpeg


# by haraseikei | 2019-07-12 08:00 | 関節リウマチ

痛み⑤

近年、機能的MRIを用いての慢性疼痛における誘発痛と自発痛の画像解析が進み、「痛み」のシステムについては、痛みの古典的経路の活性化が弱いこと、侵害受容の入力は極めて広範囲の脳領域を活性化すること、急性疼痛と慢性疼痛は異なる脳領域を活性化すること、慢性疼痛患者での誘発痛は自発痛とは異なる領域を活性化するということがわかってきました。

a0296269_08133942.jpeg


# by haraseikei | 2019-07-11 07:24 | 痛み

痛み④


「痛みの古典的経路」は、末梢の侵害受容器、末梢神経、脊髄そして、脳という経路を辿ります。しかし、慢性疼痛は侵害受容器の興奮がなくても生じ、脳全体の活動が関わって参ります。

a0296269_08133942.jpeg


# by haraseikei | 2019-07-10 14:47 | 痛み

痛み③

「痛み」はケガや病気などカラダの異常を伝える警告信号であり、進化の過程で生き延びるために不可欠なメカニズムとして獲得された機能なのですが、医療の現場において「痛み」は解決すべき問題であります。

a0296269_08133942.jpeg



# by haraseikei | 2019-07-10 08:00 | 痛み

8/13火曜日〜8/16金曜日の期間は、夏季休暇のため休診とさせていただきます。 日曜日祝日を合わせると、8月11日日曜日〜8月16日金曜日までお休みをいただきます。8/17土曜日午前中より通常診療を開始いたします。 ご不便をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。
a0296269_23233377.jpeg


# by haraseikei | 2019-07-08 17:16 | お知らせ

痛み②


一般的にカラダの組織の障害、損傷・炎症などの刺激で起こる急性の痛みは、障害・炎症が治まれば消失しますが、慢性の痛みは、脳内の神経回路の変化により「痛み」の感覚が認識されやすくなっていて傷害・炎症が治まっても消失しません。

a0296269_08133942.jpeg


# by haraseikei | 2019-07-08 14:20 | 痛み

当院は、弘明寺商店街に属し商店街提携駐車場を1時間無料でご利用できますが、場所は、アーケードの外、弘明寺観音の真ん前に位置します。地下鉄側からいらっしゃっしゃる場合は、アーケードを抜けて弘明寺観音の山門を目指してください。その前にございます。
a0296269_21564374.jpeg
a0296269_14073312.jpeg

# by haraseikei | 2019-07-07 14:12 | アクセス

痛みとは①

「痛み」とは、国際疼痛学会で以下のように定義されています。

「痛みとは、実際の組織損傷や潜在的な組織損傷に伴う、あるいは損傷に付随して生じる不快な感覚的・情動的体験」

※「情動」とは「喜び」「悲しみ」「怒り」「不安」「恐れ」などのことです。


じょうどう【情動】〘心〙感情のうち、急速にひき起こされ、その過程が一時的で急激なもの。怒り・恐れ・喜び・悲しみといった意識状態と同時に、顔色が変わる、呼吸や脈搏みやくはくが変化する、などの生理的な変化が伴う。

コトバンクより

a0296269_08133942.jpeg


# by haraseikei | 2019-07-07 08:10 | 痛み

当院へのアクセス

当院へのアクセス

京急弘明寺駅と地下鉄弘明寺駅の間に位置します。弘明寺観音山門前でありアクセス良好です。バスは弘明寺口もしくは弘明寺のバス停をご利用ください。アーケード外ですが弘明寺商店街に属し提携駐車場は3つございます。1時間無料で利用可能です。お車の方は提携駐車場で駐車券を発券しお持ちください。自転車バイクも広くはありませんが置き場ございます。

a0296269_06532074.jpeg



# by haraseikei | 2019-07-06 06:52 | アクセス

当院の予約について

❶初診の方向けのネット予約システムがございます。問診機能がついており受診がスムーズになります。予約なしでも診療時間内でいらしていただければ受診可能です。

❷再診の方の診察は、次回受診の目安の日時を書いたものをお渡ししております。時間予約希望される方は、当院のPCで予約をおとりすることもできます。

❸装具診は、毎週土曜8時から10時頃までの予約が可能です。

❹内科(呼吸器内科)は、毎週木曜15時半〜16時半の予約制です。

❺リハビリは、20分単位の予約制となります。予約が取りづらくなって参りましたが、スタッフ増員にて対処していきますので今しばらくはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い致します。レーザー、牽引、超音波骨折治療器、ウォーターベッドなどによる物理療法は予約不要です。

❻ワクチンなどは注文しなければいけない都合上、お電話もしくは窓口でご予約ください。破傷風や風疹MRワクチンは在庫あり、当日でも可能ですが、予約いただいたほうが安心です。初めて当院にいらしてワクチン接種を希望される方は初診受付サービスをご利用いただいてもOKです。

❼MRIの予約は、こちらで提携医療機関での予約をお取りします。受診時に希望される日時をお伝え下さい。紹介状のみお渡しし、ご自身で予約をとることも可能です。予約状況や時間帯にもよりますが当日予約も可能です。

a0296269_22411156.jpeg


# by haraseikei | 2019-07-05 20:38 | お知らせ

足にはアーチ構造があり、効率よく体重をささえるようになっています。幼児期扁平足では関節のまわりの靭帯がゆるみ、かかとが外を向いてアーチがつぶれるようになります。先天的な病気が原因のこともありますので、変形の程度が強い場合には、整形外科の医師にご相談ください。
a0296269_08183038.gif
※日本整形外科学会「整形外科シリーズ 22」から引用しております。

次回は、幼児期扁平足 その3 診断になります。
# by haraseikei | 2019-07-05 12:43 | 幼児期扁平足

整形外科に来院されることが多いのは、ケガ、骨折、腰痛、肩こり、膝痛などです。疾患によっては、早期診断、早期治療できないと長引いたり、慢性痛に移行したりしてしまうことがあります。
ケガや痛みでお困りの方は、一度早めに整形外科を受診することをおすすめします。
当院では、早期診断のために、レントゲン、超音波検査、必要に応じて提携医療機関にてMRIやCTを可能な限り迅速に行っております。
a0296269_06014002.jpeg


# by haraseikei | 2019-07-05 08:00 | 整形外科

8/13火曜日〜8/16金曜日の期間は、夏季休暇のため休診とさせていただきます。
8/17土曜日午前中より通常診療を開始いたします。
ご不便をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。
a0296269_23233377.jpeg

# by haraseikei | 2019-07-03 23:21 | お知らせ

弘明寺商店街提携駐車場を1時間まで無料でご利用できます。
詳細は、以下のリンクをクリックして下さい。
↓↓↓

a0296269_06495247.jpeg

# by haraseikei | 2019-07-03 08:00 | 駐車場

はじめて当院おかかりの方向けのネット予約システムがございます。問診機能もあり、比較的受診がスムーズになりますのでご利用ください。予約なしでも診療時間内であれば受診可能です。

予約システムは、24時間対応であり何時でも予約できます。

a0296269_20130835.jpeg

# by haraseikei | 2019-07-01 20:12 | 予約システム