人気ブログランキング |

ブログトップ

体外衝撃波治療とは高出力の音波を痛みの部位に照射し細胞に機械的圧力を加え、自由神経終末の変性・疼痛伝達物質の抑制・血管新生や腱再生などを起こし、組織修復作用と治癒効果を引き出す低侵襲で安全かつ有効な治療法です。

ヨーロッパより普及し、欧米では低侵襲ながら有効な治療法としてスポーツ選手を中心に、整形外科領域の腱付着症や骨疾患において使用されている装置です。副作用がほとんどなく、安全な治療法として推奨されています。

a0296269_15074571.jpeg

SHOCK WAVEの適応疾患

オスグット病(Osgood-Schlatter disease)

踵骨骨端症(Saver disease)

膝蓋靭帯炎(ジャンプ膝)

シンスプリント

アキレス腱炎

リトルリーグ肩、野球肘(離断性骨軟骨炎)

上腕骨内側/外側上顆炎(テニス肘)

腸脛靭帯炎/大腿直筋付着部炎

足底腱膜炎 足底筋膜痛症

石灰沈着性腱板炎(SCT)

有痛性外脛骨腫

疲労骨折の早期治癒

Trigger point treatment

頸部痛症候群

肩関節周囲炎

腰痛/背部痛

腓腹筋短縮

大腿筋短縮

前腕筋筋膜痛


副作用

 基本的に副作用は高頻度に発生するものではありませんが稀に起こる可能性があります。

治療後の疼痛悪化(一時的)

治療部位の腫腫、点状出血、内出血、湿疹

感覚異常、知感低下

その他予期できない合併症

いずれも数時間~数日で軽快します。


費用

消炎鎮痛処置もしくはリハビリの一環として行いますので特別な費用は発生しません。

a0296269_09562771.jpg


症例

石灰沈着性腱板炎に対し、

3回体外衝撃波行ったところ、

石灰化がほぼ消失した一例です。

a0296269_15093696.jpeg



by haraseikei | 2019-07-30 15:00 | お知らせ