人気ブログランキング |

ブログトップ

リハビリと、マッサージの違いは?




それぞれ目的が異なります。


リハビリは、患者さんが失ってしまった(または低下してしまった)運動機能を回復することが目的となります。運動療法がメインとなります。たとえば、歩行する筋力が低下した場合は、歩けるように筋力をアップする訓練をしたり、関節が硬くなればサポートしながら動かす範囲を増せるような訓練を行います。理学療法士や作業療法士という国家資格保持者または、運動器セラピストが行います。


マッサージというのは、厳密に言うと「あん摩マッサージ指圧師」の国家資格を持った方が行える施術です。ただし、医師ではないので病気やけがの診断はできません。主に疲労回復や、リラクゼーション目的です。


リハビリは原則マッサージは行いませんが、筋肉のリラクゼーションが必要な場合、リハビリの一貫として軽く筋肉をほぐしたりする場合もあります。

a0296269_14144405.jpeg


by haraseikei | 2019-05-16 14:14 | リハビリとマッサージの違い

味覚異常 亜鉛不足

亜鉛不足は、味覚異常を来します。


当院では血液検査にて亜鉛のチェックを行い、


不足していれば、亜鉛を処方致します。


人には原始感覚と呼ばれる情動に関わる感覚が三つあります。味覚、臭覚、痛覚です。


美味しい物を食べ、いい匂いを嗅ぎ、痛みを取ることができれば、幸せを感じます。


味覚異常ある方は、まず血液検査をお勧めします。血液検査は、翌日には結果をお知らせします。


a0296269_13354728.jpeg


by haraseikei | 2019-05-16 13:33 | 味覚異常 亜鉛

MRI.CT

提携医療機関と連携し、


必要な場合は、


最新鋭MRI(磁気共鳴画像診断装置)とマルチスライスCT(コンピュータ診断装置)撮影を行い、病気の早期発見、早期治療をサポートしています。 


a0296269_07410861.jpeg


by haraseikei | 2019-05-16 07:40 | MRI.CT