人気ブログランキング |

ブログトップ

2019年 04月 19日 ( 2 )

軟部腫瘍 その1 症状

通常、四肢や体幹部に”しこり(腫瘍)”、あるいは”はれ(腫脹)”として気づきます。大きさは、米粒大のものから直径20~30cmを超える巨大なものまでさまざまです。
痛み(自発痛や圧痛)を伴うこともありますが、多くは無痛性です。良性が多いのですが、急速に大きくなるものや5cmを超える硬い腫瘍は悪性の可能性がありますので注意が必要です。
a0296269_09140951.jpg
※日本整形外科学会「整形外科シリーズ 20」から引用しております。

軟部腫瘍 その2 原因・病態 になります
by haraseikei | 2019-04-19 12:42 | 軟部腫瘍

ヘバーテン結節について

ヘバーテン結節:




指の第1関節が変形してしまう疾患です。


ヘバーデン結節と呼ばれています。


いろいろな程度の変形があります。すべての人が強い変形になるとは限りません。


示指から小指にかけて第1関節が赤く腫れたり、曲がったりします。痛みを伴うこともあります。親指にみられることもあります。動きも悪くなります。第1関節の近くに水ぶくれのようなものができることがあり、これをミューカスシスト(粘液嚢腫)と呼びます。一般に40歳代以降の女性に多く発生します。手を良く使う人にはなりやすい傾向があります。


第2関節に生じるものさブシャール結節と呼びます。関節リウマチとは異なります。


第1関節の変形、突出、疼痛があり、X線写真で関節の隙間が狭くなったり、関節が壊れたり、骨棘(骨の出っ張り)があれば、へバーデン結節と診断できます。


保存的療法としては、局所の安静(固定も含む)や投薬、局所のテーピングなどがあります。急性期では少量の関節内ステロイド注射なども有効です。


保存的療法で痛みが改善しないときや変形がひどくなり日常生活に支障をきたす場合は、手術を考慮します。手術法には結節を切除するものや関節を固定してしまう方法が行われます。


第1関節が痛むときは安静にしましょう。痛くても使わなくてはならないときは、テーピングがお勧めです。普段でも指先に過度な負担が生じることを避けましょう。当院ではレーザーを当てる治療も行っております。


また、更年期以降の方には、エストロゲンと似た働きをするサプリメントが効果ある可能性があります。エクオールは、大豆由来のエストロゲンと似た働きをする成分で、更年期症状のホットフラッシュの軽減効果が認められています。




※日本手外科学会「手外科シリーズ 4」から画像を引用しております。



a0296269_08182795.jpeg


by haraseikei | 2019-04-19 08:18 | 手の外科