人気ブログランキング | 話題のタグを見る

小児の骨折 診断

十分な診察、観察で疼痛部分を予測し、最小限の触診をして、骨折の部位を確認したのち、X線撮影を行います。受傷直後にはX線で骨折を確認できないことや、骨折線が現れず湾曲する急性塑性変形もあり、また骨折に関節脱臼を伴うこともあります。骨端軟骨や関節内の骨折では診断が難しいため、骨折が疑われる側だけでなく健側も撮影をしたり、ギプスなどで固定して定期的なX線観察を行い、診断をつけます。
小児の骨折 診断_a0296269_08262865.jpg
※日本手外科学会「整形外科シリーズ」から引用しております。

次回は、小児の骨折 治療になります。



 

by haraseikei | 2022-09-02 12:25 | 整形外科シリーズ

弘明寺「原整形外科」横浜市南区弘明寺 リハビリテーション、スポーツ整形、小児整形、リウマチ、ペインクリニック、内科を専門としたブログです。


by 弘明寺「原整形外科医院」
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30