人気ブログランキング |

ブログトップ

関節リウマチ

関節リウマチとは、関節に炎症が続いて徐々に破壊されていき、やがては変形したり固まったりしてうまく動かなくなってしまう病気のことを指します。

関節リウマチは、決して珍しい病気ではありません。また、女性に多く、発症の多くは3040歳代で、幅広い年齢層の患者さんがいます。


原因

関節リウマチは、免疫の異常が関係する病気で、あちこちの関節に炎症が起こり、腫れや痛みが生じます。

関節で炎症が続くと、関節の中の「滑膜(かつまく)」に血管や細胞が増え、腫れます。腫れた滑膜はやがて軟骨や靱帯を破壊し、進行していきます。

症状

関節リウマチの主な症状は、関節の腫れや痛みで、左右対称に出ることが多いとされています。また、朝起きたときの手足のこわばり・動かしづらさは関節リウマチに特徴的な症状です。だるくなったり疲れやすくなったり、関節以外に症状が出ることもあります。

最近、関節リウマチは発症から2年以内に急速に症状が進むことがわかってきました。早期発見、早期治療が、重要です。

関節リウマチになると、日常生活では、重いものを運ぶ、長時間歩く、階段の上り下りなどの動作がつらくなったりします。

発症早期には、朝のこわばり、手に力が入りにくく、ふきんや雑巾を絞りにくい、歩くときに足裏が痛い

などの症状で、つらく感じられることもあります。

また、冷房など冷えたりすると調子が悪くなることもあります。


治療

昔は、「関節リウマチにかかると寝たきりになる」と思われていました。しかし、今では医学が発達して、発症早期から適切な治療を行えば、病気の進行を抑えて関節の機能を保ち、今までどおりの生活を続けられる可能性があります。

まず、診察、検査を受けましょう。

採血でリウマチ因子、CCP抗体、CRPなどをチェックします。

関節リウマチは早期に治療を開始することが大変重要です。関節リウマチと診断された後、できるだけ速やかに適切な治療を行うことで、関節破壊の進行を防ぎ、状態のよさを保つことができると考えられています。


薬物療法

関節の炎症を抑えるためには、主に下記のようなお薬で治療を行います。

疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD

生物学的製剤

JAK阻害剤

当院では、生物学的製剤、JAK阻害剤は扱っておりません。


また、下記のような痛みや腫れを抑えるお薬を一緒に使用する場合もあります。

非ステロイド性消炎鎮痛薬

副腎皮質ホルモン薬(ステロイド)

ステロイドは少量で強力に炎症や痛みを抑えることができるお薬です。強い炎症が起こったときに用います。内服と注射があります。

手術療法

手術療法は、適切な薬物療法などを行っても痛みや腫れが改善しない場合や、関節破壊のために歩行が困難になるなど日常生活に支障が出る場合などに行います。

滑膜切除術

機能再建手術

人工関節置換術

関節形成術

関節固定術


リハビリテーション

理学療法は、関節の運動性を改善させ、社会生活が送れるようにするために行います。

運動療法、温熱療法があります。

関節を動かさないでいると、関節が硬くこわばってしまいます。リハビリは、理学療法士などの専門家が、筋力の向上と、関節の動く範囲を広げたり維持したりする効果があります。毎日繰り返し継続して行えば、関節の機能障害が抑えられ、痛みもやわらいでいきます。

a0296269_18200769.jpeg


by haraseikei | 2019-07-12 08:00 | 関節リウマチ