人気ブログランキング |

ブログトップ

へバーデン結節について 手の外科 最新版

指の第1関節(DIP関節)が変形するヘバーデン結節は、痛みを伴うこともあり、指先を使う日常動作でも症状が出ます。

原因は不明で、はっきりとした遺伝性は確認されていませんが、母親や、お祖母様も同じ症状だったという話しは、患者様からよく伺います。ですから、ある程度、家族性のものだと考えます。年齢(特に40歳以降)、家族歴、肥満、痛風、関節への負担などによりへバーデン結節の生じるリスクが高まります


へバーデン結節は、主に人さし指、中指、薬指、小指の第1関節が赤く腫れ、こぶのように膨らんだり、曲がったりします。ズキズキとした痛みを伴うことが多く、関節に水がたまると、その付近に水膨れのようなものができることもあり、ミューカスシストと呼ばれます。潰れたりして化膿することもあり、注意が必要です。写真のように爪の変形を来たすこともあります。

日常生活、家事などで力を入れて指を曲げる場面は多く、その都度痛みを感じるため、生活に支障をきたすこともあります。

発症は30歳を過ぎたころから多くなり、年齢とともに増加します。痛みや変形の強い方は、女性に多いです。最近、女性ホルモンとの関連が指摘されています。

レントゲンでは、第1関節の軟骨がすり減って骨と骨の間の隙間が狭くなり、関節が破壊され変形が進んでいきます。

鑑別診断として関節リウマチがあります。血液検査を行うとリウマチかどうかの判断材料になります。CRPや血沈、リウマチ因子、抗CCP抗体などの項目をチェックいたします。

 治療は、テーピングなどで関節を固定したりします。痛みが強い場合は、湿布や塗り薬、痛み止め、場合によってはステロイドを使用したりします。ステロイドは、内服と注射があります。注射は、指の感覚が敏感なため痛いのですが、炎症所見(赤く腫れて熱感があり痛みをともな)が強い場合に行うと効果的です。

また、当院では、レーザー治療も行っております。

 最近女性ホルモンに似た働きをするサプリメントの摂取が、症状の改善に有効との報告もあります。当院でも取り扱っております。

重症の場合は、手術によりDIP関節を固定する方法があります。手術となるケースは稀ですが必要、希望されれば、提携医療機関をご紹介いたします。


以下の症例は、姉妹でヘバーデン結節発症、その母親もヘバーデン結節でした。家族内発症の2症例です。

症例❶85歳女性(姉)テーピング対応としました。

ミューカスシストもありましたが、切除、テーピングにて改善し、今は痛みがありません。爪の変形が残存してますが、痛みがなく日常生活に支障ありません。

a0296269_19473720.jpeg

症例❷72歳女性(妹)炎症が強く、一時的にステロイド内服し、急性期をしのぎました。その後、レーザー治療を根気強く続け、かなり改善し、現在は、たまに痛い時はテーピング対応としております。

a0296269_19583412.jpeg


by haraseikei | 2019-06-12 20:17 | 手の外科