人気ブログランキング |

ブログトップ

テニス肘 外側上顆炎

a0296269_21193018.jpeg

主にバックハンドの際に、前腕の筋肉に継続的に負荷がかかることで、腱が骨に付着している部分(上腕骨外側上顆)に炎症や小さな断裂が生じ、いわゆるテニス肘と呼ばれる肘の外側の痛みを起こします。

フォアハンドの場合でも、ハードヒットやスマッシュなどで同様に肘の内側が痛むことがあります。

テニス以外の理由で外側上顆炎となる場合も多いです。

当院では、レーザー治療やストレッチ指導、サポーター、注射など行っております。


by haraseikei | 2019-06-05 21:18 | テニス肘 外側上顆炎