人気ブログランキング |

ブログトップ

軟部腫瘍 その4

診察および検査で良性と診断されれば、すぐに手術をする必要はありません。痛みなどがあったり、腫瘍が増大しているときには、生検術を行うか生検を兼ねた手術が行われます。
悪性腫瘍を診断がつけば、再発を防ぐために腫瘍の周りの正常組織も含めて取り除く"広範切除術"が行われます。必要に応じて、手術の前後に抗がん剤による化学療法や放射線療法が併用されます。

※日本整形外科学会「整形外科シリーズ 20」から引用しております。

今回で、軟部腫瘍のお話は終わりになります。
by haraseikei | 2019-05-17 12:42 | 軟部腫瘍