人気ブログランキング |

ブログトップ

5月は子どもの交通事故が最多 専門家「特に安全運転を」

NHK newsより




↓↓↓↓↓↓




5月は子どもの交通事故が最多 専門家「特に安全運転を」




5月は小学生が歩行中に交通事故に巻き込まれるケースが1年で最も多く、子どもを亡くした遺族らは事故を自分のこととして捉え、周りの人と安全運転について話し合ってほしいと訴えています。




警察庁のまとめによりますと、去年までの5年間に全国で歩行中に事故に巻き込まれて死亡したり、大けがをしたりした小学生は3276人でした。




月別に見ますと、5月が349人と最も多く、中でも11日以降の中旬から下旬にかけて多くなっています。




5月の事故を学年別に見ると、1年生が105人と最も多く全体の30%を占めていて、6年生の5倍近くに上っています。


また、時間帯は登校中に加え午後3時台から6時台に集中していて、下校中や放課後外出した際に事故に遭うケースが目立っています。




警察は、5月は4月に入学した小学校での生活に慣れ始め、放課後、遊びに出かける機会も増えて活動が活発になることなどが影響しているとみています。




警察は、急な飛び出しなど子どもが予測できない行動をとることも多いことから、ドライバーは周りをよく確認し安全運転を徹底するよう呼びかけています。

a0296269_23430708.jpeg



by haraseikei | 2019-05-10 23:41 | お知らせ