人気ブログランキング |

ブログトップ

肘内障について

肘内障について:


幼児において、骨折や脱臼を含む外傷は肘周辺に多く、その中でも肘内障は、最も高い外傷の一つといわれています。身近なお子さんが実際に肘内障と診断されて治療を受けられた方も少なくないと思います。


 よく「肘が抜けた」というふうに表現されますが、正確には脱臼ではなく、輪状靭帯に包まれている橈骨頭が、引っ張りとねじれの力が加わることにより輪状靭帯からずれることによって発症します。腕を引っ張られたり、腕を下にして転んだりした際にも発生しますが、原因がはっきりしない場合も少なくありません。2〜6歳の幼児に多く見られます。受傷後は痛みが生じ、その痛みを避けるために肘を動かさなくなり、肩が抜けたかのように見えたり、手首を痛めているように見えたりします。


 骨折や脱臼との鑑別診断上、レントゲン検査を行うことがありますが、肘内障自体は異常な所見はありません。現実的には腫れがなく、問診と診察から、骨折などが否定的であれば、レントゲン撮影は行わずに、整復操作をただちに行うこともあります。麻酔は必要なく、できるだけ手のひらを上に向けて、橈骨頭を押さえながら肘を曲げていくと、整復音とともに整復されます。整復が成功すれば、程なく痛みが消失して腕を動かせるようになります。整復後は簡単な固定をすることもありますが、しないで済むことが多いです。再発予防は、しばらくの間は、腕を引っ張らないように気をつけることです。


肘内障は繰り返すこともありますが、成長とともに発症することはなくなります。


お子さんで肘の痛みがある場合、必ず整形外科を受診してください。


※日本手外科学会「手外科シリーズ 21」から画像を引用しております。

a0296269_05494530.jpeg


by haraseikei | 2019-05-03 05:48 | 手の外科