人気ブログランキング |

巻き爪、陥入爪 手術療法

巻き爪、陥入爪の症例で、軽症の場合は、テーピング、矯正療法を、行います。しかし、炎症が強いものには手術を、行います。図の斜線の部分を切除します。短期間で治療が終わるというメリットがありますが、爪の幅の狭くなったり、術後の痛みや、しばらく入浴を控える必要があるなど、日常生活に一定の制限が加えられます。また、時には再発したり、爪変形が見られたりする可能性があります。




In cases of incarcerated nails and ingrown nails, in mild cases, taping and corrective treatment are performed. However, if the inflammation is strong, surgery is performed. Cut out the shaded area in the figure. There is an advantage that treatment is completed in a short period of time, but there are certain limitations to daily life, such as narrowing of the nail width, post-operative pain and the need to refrain from taking a bath for a while. In addition, sometimes it may recur and nail deformation may be seen.

a0296269_16433509.jpeg

by haraseikei | 2019-03-24 16:42 | 陥入爪、巻き爪  

<< 関節リウマチについて 整形外科とは、 >>