悪性骨腫瘍 その2 原因と病態

原発性悪性骨腫瘍の多くは、原因がはっきりとわかっていません。
一部の腫瘍では、その腫瘍に特異的な遺伝子の異常がわかっていて、研究が進められています。
遺伝子の異常といっても、ほとんどの場合、遺伝したりすることはありません。
転移性骨腫瘍は、原発性の悪性細胞が主として血液やリンパの流れを介して骨(骨髄)に運ばれること(転移)によって起こります。


次回は、悪性骨腫瘍 その3 診断 のお話になります。

by haraseikei | 2019-03-01 12:44 | 悪性骨腫瘍  

<< 当院は運動器リハビリテーション... 交通事故、労災について >>