肩腱板断裂 その3 診断

肩腱板断裂 その3 診断

診察では、肩が挙上できるかどうか、拘縮があるかどうか、肩を挙上して肩峰の下で軋轢音があるかどうか、棘下筋萎縮があるかどうか調べます。軋轢音や棘下筋萎縮があれば、腱板断裂を疑います。
X線(レントゲン)所見では、肩峰と骨頭の間が狭くなります。MRIでは骨頭の上方の腱板部に断裂の所見がみられます。

a0296269_09211912.gif
次回は、肩腱板断裂 その4 治療 になります。
by haraseikei | 2019-01-11 12:46 | 肩腱板断裂

横浜市南区弘明寺 地域に根付いた整形外科のブログです。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28